コロナ禍で金利の変化はある?今の住宅ローンの金利は低い? | 札幌の不動産売買ならBreakout(ブレークアウト)

お問い合わせ

コラム

コロナ禍で金利の変化はある?今の住宅ローンの金利は低い?

こんにちは!山口です。

今回は、タイトルの内容をお伝えさせていただければと思います。

 

・そもそも金利ってどのように変化していくの?

 

住宅を購入する上で欠かせないのが「住宅ローン」。

ほとんどの場合、住宅をご購入される方がこの住宅ローンでお金を借りられております。

そして、ローンですので、毎月の返済には銀行に支払う「利息」が発生します。

利息は、なるべくお客様からしても抑えたいポイントですよね。

 

金利は、実は景気によって左右される、というのが一般的な意見です。

景気がよくなれば(国の経済活動が活発化し、ポジティブな状態であれば)金利は上昇します。

逆に景気がよくなければ、金利は下落します。

 

現在、日本の住宅ローンの金利水準は、歴史上でも圧倒的に低いです。

大きくそれは、景気が良いとは言いかねるからですね。

 

では、コロナウイルスの影響で、金利は上昇するのでしょうか?

私の意見では、それはNOと判断しています。

 

コロナウイルスの影響で、様々な業界で経済活動が以前よりも低迷しているからです。

その結果、金利は以前と変わることなく低水準のままですので、

(正直現在の金利は最低値と言えるほど低く、今後さらに低下していくかどうかは疑問視しております。)

住宅のご購入を検討されていらっしゃる方からすると、

費用面で抑えつつ、マイホームの所有を実現することが可能、ということです。

(金利が0.1%変化すると、支払い利息が100万円も変化するケースもございます。)

 

銀行によって設定している住宅ローンの金利は異なりますが、

数多ある銀行の中から、銀行選びを適切に行い、良い条件を私たちからご提案することで、

お客様のマイホーム購入を、最低限の金利で実現することが可能です。

 

是非、住宅購入のご相談の一つとして、ローンに関するご相談も、

心よりお待ちしております。

 

それでは、今回は以上とさせて頂きます。

 

山口

CONTACT無料査定・ご相談

居住用物件の査定依頼・お問い合わせは無料です。
お問い合わせフォームからの査定依頼は24時間承っております。お気軽にお問い合わせください。