お借り入れ額アップのチャンス?「収入合算」について【マイホーム購入のいろは】 | 札幌の不動産売買ならBreakout(ブレークアウト)

お問い合わせ

コラム

お借り入れ額アップのチャンス?「収入合算」について【マイホーム購入のいろは】

こんにちは!

不動産事業部の前川です。

 

本日は、住宅ローンの「収入合算」についてご説明します。

ある程度見当がつくかとは思いますが、文字通り「住宅ローンを借りる際に収入を合算する」といったものです。

 

住宅購入で欠かせない基礎知識 ②【住宅ローン 事前審査編】で触れた「返済比率」を振り返ってみましょう。

《返済比率ってなんだっけ?》
例えば…
・2500万円の一戸建て
・諸費用込みのお借入予定額 2650万円
・35年ローンで月々約 75,000円
会社員・年収400万円・マイカーローンが10,000円/月 ある方の場合、
[75,000(お家代)+10,000(車代)]×12→1年間に支払うローンの総額
÷
4,000,000→ご年収
=0.255
25.5%
このパーセンテージを「返済比率」と言い、多くの銀行で年収に応じた上限が25〜35%程度に定められています。
分母はあくまで額面ですので、20〜25%(手取り額の3分の1程度)が安心して返済できる目安ということになります。

 

 

このように、返済比率に応じて金融機関は融資額の上限を定めます。

一般的に、分母にあたる年収はすぐに変わるものではありませんよね。

“なんとしてでも欲しい物件があるのに、この年収ではあと一歩のところで返済比率が収まりきらない…”

ここで「収入合算」が登場します。

原則、ご契約者の夫婦または親子で、同居が条件となります。

収入合算には、

①連帯保証

②連帯債務

③ペアローン

3つのタイプがあります。

それぞれの特長を見ていきましょう。

 

①連帯保証

収入合算をする方が、ご契約者の連帯保証人になるというパターンです。

例えばご主人(主債務者)が契約をし、奥様(連帯保証人)の収入を合算します。

この場合、原則として

・不動産の所有権はご主人にあり、奥様は持分を持たない

・奥様は住宅ローン控除を受けられない

・奥様は団体信用生命保険に加入できない(”奥様保障”などを扱う機関もあります)

 

②連帯債務

ご契約者(主債務者)と収入合算者(連帯債務者)が、一つの住宅ローンに対してそれぞれが持分を持ち、共同で返済していくというパターンです。

①と同じケースで考えると、

・所有権は持分に応じてそれぞれが持つ

・住宅ローン控除はそれぞれが受けられる

・奥様は団体信用生命保険に加入できない(同上)

 

③ペアローン

こちらは一つの住宅ローンに対して、それぞれが契約者となり、共同で返済していくというパターンです。

上記①〜②と異なり”それぞれが契約者となる”というのがポイントですね。

例えば…

3000万円の融資金額をご主人が1500万円、奥様が1500万円で契約したとすると、

・所有権は持分に応じてそれぞれが持つ

・住宅ローン控除はそれぞれが受けられる

・契約が別なので、それぞれが団体信用生命保険に加入できる

 

以上のように種類がありますが、

この辺りは良し悪しではなく、どのパターンが皆様のライフプランに相応しいかですね。

我々をはじめ、金融機関の方にもアドバイスを頂きながら、理想のお家選びを進めていきましょう!

 

当社は北海道札幌市を中心に不動産事業を展開しております。

新築/中古一戸建て、中古マンションの売買仲介、賃貸と幅広く物件を取り扱っておりますので、

ぜひお気軽にお問い合わせください。

CONTACT無料査定・ご相談

居住用物件の査定依頼・お問い合わせは無料です。
お問い合わせフォームからの査定依頼は24時間承っております。お気軽にお問い合わせください。